給食とは

給食

給食(きゅうしょく)とは、特定多数人に対して専門の施設を用いて組織的・継続的に食事を提供するもの。また、喫食者側からは「給食」とはその継続的に提供される食事のことを指すことになる。

一般には、学校等(小学校、中学校、幼稚園など)、福祉施設(保育所、児童養護施設、老人ホームなど)、工場あるいは病院、寄宿舎、軍隊、刑務所などで一定の特定多数人のために食事を供すること、あるいはその食事そのものである。一般の飲食店のように不特定多数に食事を提供するものは「給食」ではないとされる。

給食は一般に、調理作業の能率化、調理場施設における衛生管理や栄養管理が行われている。その反面、集団給食では献立を自由に選択することが難しくなるといった欠点もあり、嗜好調査などの調査が実施されることがある。また、現在ではカフェテリア方式なども普及している。

「給食」という言葉の語源は、古代日本の律令制における高等教育・官人育成を目的とした大学寮の設置に遡る。大学寮の学生は直曹と呼ばれる学舎兼学生寮に住むこととなっており、大学寮から学生に対して給付した食事を給食と称した。

日本での給食(食事の提供)としては、歴史的には平城京での宮廷人に対するもの、東大寺大仏殿建立の際の人夫への給食、鎌倉時代の僧院におけるもの(道元『典座教訓』『赴粥飯法』)、江戸時代の小石川養生所での貧困患者に対して行われたものなどについて記録がある。ただ、組織的に行われた給食は明治時代の紡績工場や軍隊での給食からであるといわれ、1872年(明治5年)に官営富岡製糸場において給食が導入された。

学校給食、病院給食、事業所給食それぞれの歴史については各節を参照。

日本における学校給食

日本では1889年(明治22年)に山形県の学校で学校給食が導入されて各地に普及したが、戦争の影響で中断し、1947年(昭和22年)1月に再開された。

それぞれの自治体の方針によってやや事情は異なるが、基本的に下は幼稚園から小学校を経て、中学校までが一般的で、ほかに定時制(主に夜間)高等学校で給食が提供されている。特別支援学校では幼稚部、小学部、中学部のみならず、高等学校にあたる高等部まで給食が提供されており、また、高等部を単独で設置する高等支援学校でも給食が実施されている。近年、一部全日制高等学校においても給食が開始されはじめている(ただし、全日制高等学校などでの給食は学校給食法上の「学校給食」ではない)。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%A6%E9%A3%9F


給食


小・中学校,工場,病院などで児童,生徒,従業員,患者などに食事を供すること,また,その食事をいう。同一条件下の人間集団にたいして同一内容の食事を有償または無償で,その全員に提供するもので,工員を対象とする工場給食は大正期後半に製糸工場ではじめて行われ,入院患者にたいする病院給食は第2次大戦後に行われるようになった。給食の語自体は第2次大戦後一般的に使われるようになったものだが,実質的には古くから存在したはずである。

給食2


二つのサイトから、給食についての説明を引用させていただきましたが
給食というのは、学校だけではなく、工場、病院、福祉施設などさまざまな場所で提供されています。
勿論、海外でも給食は活発に提供されています。

その他

給食の歴史
給食のマナーとテーブルクロス